Welcome!

ロサンゼルスから卵子提供や代理出産のブログ

1年以上

 

今回は代理母さんについてです。

 

IUS「ミレーナ」除去後、2ヶ月待ってから、自然周期での子宮の状態と子宮内膜の厚さの確認です。

月経13~15日目にエコー検査を受けるようにCFPより指示があったのですが、代理母さんの生理が11/15に開始して、月経13~15日目にあたる日は11/27~11/29で、なんとアメリカのサンクスギビングデーの週末とぶつかりほとんどのクリニックはお休み。

CFPに再確認したところ月経16日目の11/30でも大丈夫との許可を頂き、ほっと一安心。

 

そして11/30に代理母さんには地元の婦人科でエコー検査を受けてもらい、同日中にCFPへ結果を送ってもらう予定がCFPには届かず。

ちょっと心配しましたが、翌日にはCFPに結果が届き、また一安心。

心配しても仕方ない、なるようになると言い聞かせていても、やっぱり心配になりますよね。

結果は月経16日目で子宮内膜の厚さは16.9mm。

ホルモン剤の補給ナシでこの数値はすごいですね。

 

CFPからも医療検査へと進む許可を頂き、次回の代理母さんの月経7~18日目にCFPにてリングラー先生によって医療検査とコンサルテーションが行われいます。

今月はちょっと遅れて12/15に生理が開始したので、月経7~18日目にあたる日は12/21~1/1で、お互いのスケジュールを話し合った結果、クリスマスが終わってからの12/28に検査日を決定しました。

CFPへ予約を行い、代理母さんの航空券とホテルも手配して、これで準備完了。

 

代理母さんには感謝の気持ちでいっぱいですが、代理母さんからも「I am so excited too! I’m ready for this journey.」(私も興奮しているわ!準備は出来ています。)とのメッセージをもらい嬉しい限りです。

 

ブログに掲載されているすべての体験記はJ babyスタッフ本人が受けている治療プログラムによる体験記のみを掲載しております。
ご依頼者やドナーさんの治療内容や結果など、個人情報が公開されることはございません。

 

 

ロサンゼルスでの卵子提供・代理出産は J baby にお任せください。

 

記事を気に入られた方は是非クリックを にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

スタッフの卵子提供と代理出産の体験記 その31J baby - 卵子提供・代理出産をアメリカ・ロサンゼルスで安心サポートで公開された投稿です。

1年以上

 

久しぶりに卵子提供側についてのご報告です。

 

クリニックよりドナーさんの採卵スケジュールが確定しましたと報告のメールがありました。

 

いよいよです。

1年間、長いようで、あっという間でした。

皆さんも、気に入ったドナーさんがいらっしゃれば、気長に待つのも悪くありませんよ。

でも、さすがに1年は長過ぎですね。

 

こちらが採卵スケジュールです。

 

12/07 バースコントロールピル 最終日

12/10 オハイオ州のクリニックにて検診

12/11 自己注射開始(毎晩)

12/15 オハイオ州のクリニックにて検診

12/17 オハイオ州のクリニックにて検診

12/18 ロサンゼルスへ移動

12/19 ロサンゼルスのクリニックにて検診(採卵日までほぼ毎日通院)

12/23 採卵予定日

 

ドナーさんはオハイオ州に住んでいるので、採卵サイクルの前半はオハイオ州内のクリニックへ通院と検診を受けながら、自己注射が続けられます。

これはモニタリングと呼ばれ、ドナーさんが採卵を行うクリニックの近くに住んでいない場合、ドナーさんが住んでいる近くのローカルクリニックにて検査のみを行い、その検査データは採卵するクリニックへ直接送られ管理されていきます。

 

そして採卵サイクルの後半はロサンゼルスにて卵の数や大きさをほぼ毎日測定しながら、薬の調節が行われていき、最も適したタイミングで採卵が行われます。

 

これからドナーさんへ採卵に向けてのメッセージを送ります。

 

 

ロサンゼルスでの卵子提供・代理出産は J baby にお任せください。

 

記事を気に入られた方は是非クリックを にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

1年以上

 

先週、ASRM(米国生殖医学学会)定例会議がメリーランド州・ボルチモアで行われ、ASRM会員である弊社 J baby スタッフも参加してきました。

 

ASRM定例会議は毎年1回行われ、アメリカにおいて不妊治療業界で最大級のカンファレンスです。

 

ASRM_01

 

医師やクリニックのスタッフはもちろん、医師を目指す学生さんから、製薬会社や医療器具専門の会社など、不妊治療業界から多くの人や企業が参加しています。

 

専門医師や培養士からの経験を踏まえた貴重な講義を聞く事も出来ますし、今不妊治療業界で何が起きているかなど、最新の情報を得ることのできる素晴らしいイベントでもあります。

 

ASRM_02

 

実は最先端の日本の医療技術を使った医療器具のブースや発表も大きく取り扱われており、多くの日本人の方とお会いすることも出来ました。

 

これもASRM定例会議に参加する楽しみでもあり、世界各地で一人でも多くの子供が授かれるように努力している方々とこうして直接的にコミュニケーションが取れることは本当にうれしいことで、同時に励みにもなります。

 

精子ドナー会社の展示ブースにはこんなかわいい自転車も!

 

ASRM_03

 

ASRM定例会議は3日間行われ、不妊治療業界にたずさわる一員として豊富な情報とネットワークを広げることが出来ました。

 

J babyスタッフはASRMだけでなく、不妊治療業界の多くの学会に参加し、少しでも多くの情報を日本の皆様へお届けできるよう、日々努力しております。

 

ちなみにこのASRM定例会議はアメリカ国内の毎年違う場所で行われますが、今年の開催地であるボルチモアは歴史ある素敵な場所でした。

 

ASRM_04

 

ASRM_05

 

 

ロサンゼルスでの卵子提供・代理出産は J baby にお任せください。

 

記事を気に入られた方は是非クリックを にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

1年以上

 

代理母エージェンシーから代理母さんを紹介してもらう場合、とても複雑な書類などを含め、すべてエージェントの人が手配してくれるのですが、私の場合は知り合いに代理母をお願いする「プライベート・マッチ」と呼ばれ、すべて自分達で用意していかなければいけません。

 

一番最初に代理母さんの過去の妊娠と出産の医療レコードを取り寄せる必要があります。

若くて行動力のある私たちの代理母さんは、直ぐに病院に取りに行ってくれて、1週間後には私たちの手元まで郵送してくれました。ちなみに子供2人分の医療レコードは電話帳くらいの厚さです。

 

その代理母さんの医療レコードを私達のクリニックのリングラー先生にレビューされます。

このレビューでは妊娠から出産までの間で危険を示すものは無いか、もしくは気になる事は無いか、すべてのデータをチェックしていきますが、書類上では特に異常は見慣れないという事で、まずは代理母さんに私たちの通うロサンゼルスのクリニック California Fertility Partners まで来てもらい、リングラー先生によって医療診断の指示を頂きました。

 

ここで問題発生!

 

代理母さんは既に2人のお子さんを授かって、子作りは打ち止めとし、IUS(子宮内避妊器具)「ミレーナ」を装着しています。

妊娠するにはまずこの「ミレーナ」を除去する必要があり、子宮機能が本来の状態に戻るまで、除去してから月経2周期を待つ必要があるとのこと。

もともと2016年1月の移植を希望していたので、まあそこまで遅れることは無いでしょうが、直ぐに検査を開始できないので、少しの間お休みとなります。

代理母さんは早速、かかりつけの婦人科へ「ミレーナ」除去の予約をしてくれました。

 

 

ロサンゼルスでの卵子提供・代理出産は J baby にお任せください。

 

記事を気に入られた方は是非クリックを にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

1年以上

 

あっという間に10月になってしまいました。

 

前回のブログにて代理母さんについてお伝えするとお話してから、間が空いてしまい申し訳ありません。

 

少し前になりますが、私の友達の家族のある方より「まだ代理母を探しているなら、是非協力させてください」というメッセージを頂き、驚きながらも、即答で「是非!」。

この方は以前に代理母に興味があり、エージェントに問い合わせたところ、既に自分で子供を最低一人以上出産していることが条件と言われ、その時彼女は出産経験は無く、自分の子供はいなかったので、そのまま諦めたそうです。

それから時は経ち、彼女は素敵な彼と結婚し、元気な男の子と女の子を授かりました。

私達が代理母を探していると知った彼女はご主人と相談し、自分たちが子を授かって得た喜びを他の人にも分けてあげたいと思い、私達へ連絡をしてくれました。

頭が上がらないくらい素敵な考えです。

 

彼女から知らせを受ける1週間前に代理母エージェントに自分たちの代理母探しをお願いする意思を伝え、丁度その為の申込書を書き込んでいる最中で、驚くほどぴったりのタイミングでした。

 

なんとも運命を感じます。

 

エッグドナーさんは匿名で最初から最後まで一度も会うことはありません。

代理母さんは全く逆で、最初から名前や住所を知っていて、移植から出産の間に何度も合う事になり、ケースによっては出産後もやり取りをして関係をつなげる人も多くいます。

私たちは知り合いの人に代理母をお願いできる事を本当にうれしく思い、まだ信じられません。

 

正式にはまだ彼女に代理母をお願いできるわけと決まったわけではありませんので、彼女はこれからいろいろな適性検査や審査をパスしなければいけません。

 

次回へ続く…

 

 

ロサンゼルスでの卵子提供・代理出産は J baby にお任せください。

 

記事を気に入られた方は是非クリックを にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

ロサンゼルスから卵子提供や代理出産のブログ

作者:J baby

ロサンゼルスから卵子提供や代理出産のブログ

7日 47 総合 405 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



J babyさん新着記事



過去記事

J babyさんへの新着コメント




ロサンゼルスブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ロサンゼルス、オレンジカウンティの不動産のことなら尾山 証仁 リアルター(Shyoji Sonny Oyama)
2位 特売USA
3位 DREAM ON @LA
4位 洋楽fromロサンゼルス
5位 ロサンゼルスで子どもと遊ぼう!
6位 the OC life
7位 ステラのLA日記
8位 アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング Smart&Responsible » アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング Smart&Responsible


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ロサンゼルスでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録