Welcome!

ロサンゼルスで子どもと遊ぼう!

20日前

子供が複数いると、よっぽどのお金持ちでナニーがいるとかじゃない限り、全員違う習い事をさせると大変なので、同じ習い事をさせることになります。

 

我が家は息子と娘がいるので、男女別の習い事になります。以前なみとなおが小さい頃はひでおが生活の中心で、色々と習い事をしていたひでおの為に、なみとなおはそれにつきあわされて振り回されていました。走り回ってどこでも行く下二人から目を離せず追いかけていたら練習が終わってしまったり、お腹空いたーと文句を言い始めるので、いつも車には暇つぶしのおもちゃやおやつを用意していたり。当時は大変でしたが懐かしいです。

 

ひでおがミドルになり勉強が大変になったので、ひでおの習い事は必然的に難しくなって来ました。今ひでおがしているのは個人スポーツで、競技やチームスポーツではありません。まったりと自分のペースで続けています。

 

そして今習い事が大変なのがなみとなおです。

 

なみは9歳で4年生。週末は日本語補習校と日本人チアのチームで練習し、平日は週2日の体操と週1日のバレエです。体操は今Pre-Teamなので、Teamになるともっと練習が増えます。スポーツ以外の習い事は週1日ピアノのレッスンもあります。習い事ではありませんが、学校のコーラス(合唱団)とオーケストラ(吹奏楽)にも所属していて、学校の放課後に練習があります。

 

ええ、私は高齢ママなので、なみだけでもう毎日疲れてヘロヘロになっています。チーン

 

1年生のなおはなみが体操に行く「ついでに」一緒に体操をしていましたが、なんとこの度コーチから「Teamに入ってみない?」と言われ、これからTeamに入る親のミーティングにも行き、あれよあれよと言う間に

 

Team(選抜チーム)に入ってしまいました!ガーン

 

このTeamですが、大会や遠征があります。シーズンは9月から11月ですが、年間を通じて練習があります。その練習もなみのついでに楽しく気楽に週1日1時間半しかしていなかったのが、いきなり週3日3時間ずつ、計週9時間の練習に...笑い泣き 姉のなみの倍以上の練習量です。!

 

ひでおとなおの習い事だけで精一杯で、これ以上増やすのは無理、残念だけど断ろうと全く自信のなかった私ですが、なおの「やりたい!」と言う気持ちに動かされ、

 

「最初からできないと諦めるよりは、とりあえずやってみて、私もなおもだめだったら、その時は考えればいい」

 

と、最初から無理と決めずにやってみることにしました。経験も知識もない私が、いきなりGymnasticママ(Soccerママのように大会や遠征に送迎を頑張るママです)になってしまいました。果たして私にできるのか!?ガーン

 

体操の技術や能力に関してはダントツでなみが上です。なおは運動能力はあるものの、なみに比べたらまだ経験は浅いし、技術や能力も荒削りです。それなのになぜなみではなくなおが選ばれたのか?コーチがなおの年齢のTeamを新しく編成してみたいようですが、それにしても私も不思議でたまりません。きっとコーチにはわかるんでしょうか?

 

そしてそれが気に食わないのがなみ。ムキー

 

「私の方が上手なのに!なんで私でなくてなおが選ばれるの!?」ムキームキームキー

 

と怒っていました。もちろんそうでしょう。だってなみの方が体操は上手ですから。私も「なみの方がやっぱり上手だよ。コーチが小さい子Teamを新しくつくりたいって言ってたし、何か考えがあるんだよ」としか言えませんが、絶対になみの方が上手だよ!とおだてまくっています。妹に先を越されてTeamに入られたなんて、姉だったら絶対悔しいし、自信なくしちゃいますよね。ガーン

 

でも今までなんとなくやっていた体操が、

 

「妹に負けたくない」ムキー

 

と思って目的意識を持って頑張ってくれれば、なおがTeamに入ったこともいいきっかけになるかもしれません。

 

{E69C4237-748C-4D92-AAB0-78559F8E0B7B}

 
ストレッチ頑張るよ!妹には負けないもん! 

 

ペタしてね読者登録してね

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

  

22日前

急ですが、お知らせです。

 

私の知人が日本から渡米しているのですが、トーランスで子供を持つ親御さん対象に講演会を開催します。日本で活躍している方なのですが、アメリカでの在米日本人に向けて講演会をするのは初めてで、アメリカで子育てに奮闘する親御さん達にお会いするのを楽しみにしています。ニコニコ

 

もし興味があれば直接連絡してみてください。私も参加予定です。

 

びびなびのリンク

 

 

 

子育ては毎日が勉強ですね。

 

 

ペタしてね読者登録してね

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

  

34日前

私には憧れの先輩ママがいます。

 

芸能人でも有名人でもセレブでもありません。

 

その人は、子供達の通う現地校でとてもボランティアに熱心なアメリカ人ママのJさんです。Jさんには三人の子供がいて、上は高校生から下は小学生。JさんはPTA会長を何度も務めたこともあり、我が小学校では皆が知ってる有名なママさんです。

 

顔の広いJさんのことは何となく知っていましたが、ここ数年Jさん担当のボランティア業務を直接彼女の指示の下でよく手伝っていたこともあり、Jさんに顔と名前を覚えてもらえるようにまでなりました。おねがい

 

そこで、Jさんの人柄やボランティア活動をもっと知る事になり、ますますJさんを尊敬するようになりました。

 

●三人子供達がいると、ボランティアの頻度にも差が出てくることがあるが、高校生の長子から小学校の末っ子まで常に献身的にボランティアしている

●子供が大きくなって来ると、親が直接子供と学校で関わるボランティア活動の機会が減って来て、それに伴いボランティアもやらなくなってくる親も多い中、高校でも子供のスポーツチーム(部活)のまとめ役になったりして、ボランティア活動を続けていること

●PTA役員になっていない時でも自ら進んでボランティアをしていること

●常に朗らかで笑顔で、ボランティアをしている親達にいつも感謝の言葉をかけていること(自分が一番しているのに!)

●子供達の通う学校をとても大事に思っていて、いつもどうやったらよくなるか考えていること

 

そしてJさんの旦那様は地元で三代続く自営業を家族経営しています。大きな家に住んでいるので、経済的には困っておらず、子供達を私立学校に通わせることもできるはずと思いますが、三人共公立学校に通っています。

 

ボランティアも「やらなくちゃ」「やるべき」と言う切羽詰まったこともなく、いつも笑顔で楽しんでやっている感じです。そしてボランティアをしている最中でも先生から保護者から子供達からいつも「Hi J!」と声をかけられる気さくさもあって、彼女のまわりにはいつも自然と人が集まっています。ラブラブ先生達もとても彼女に感謝しています。まさに我が小学校にはなくてはならない人物です。

 

先日またボランティアで一緒になったのですが、ハイスクールでもミドルスクールでもボランティアをしていることを聞いた他のお母さんに、「J!あなたいつ寝てるの!?」と冗談で驚かれていました(笑)。

 

彼女を見ていると、子供が三人いるから、疲れているから、時間がないから、とボランティアできない言い訳ができないなと思います。アセアセ彼女ほど忙しい人が一番ボランティアしているんですから。

 

あと私は自分がボランティアしていると、「何で自分ばっかり。他の人もすればいいのに...プンプンなどと思ってしまう時があるのですが(←ダメな例)、Jさんを見ていると、

 

自分の子供の為に

子供のクラスメイトや友達の為に

子供が楽しく通っている学校の為に

学校をよくすることで地元コミュニティの発展の為に

将来を担う子供達の教育の為に

 

と彼女は「他の人がやってもやらなくても自分はやる」と、他人任せでボランティアをしているのではないことに気づかされます。

 

器の小さい私はJさんのようにはなれないけど、彼女のボランティアに対する姿勢や、明るく前向きで人を惹き付ける生き方は大いに見習って行きたいと思います。グッ

 

 

遠足のボランティアはよくやってます。車

 

ペタしてね読者登録してね

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

  

36日前

ブログをもっと頻繁に更新しようと思っていたのに...

 

はい、体調不良でダウンしておりました。笑い泣き

 

しかも夫が長期でいない時。チーン 

 

今回は

咳がひどくて→夜も咳込むのでぐっすり眠れない→疲れから日中の体力がないのに、ワンオペで無理する→悪化→風邪薬を飲んでも、家で横になって休んでいても全くよくならない

 

咳が2週間も続き、さすがにこれはもう風邪ではないと医者に行って抗生物質を処方してもらいました。抗生物質を飲んで3-4日後。

 

やっと治って来た~!!お祝い

 

咳が出ないで夜眠れる!朝起きると疲れが取れて元気になってる!爆  笑

 

と言う状態のなんとありがたいことか。キラキラキラキラ しかし夫が長期でいない時に限って子供か私が具合悪くなる。何でこんなにタイミング悪いんだ~!?あせるこう言う時、誰にも助けてもらえない時、日本の実家に帰りたくなります...えーん

 

咳が止まらなくても熱があっても、

 

朝は5時半に起き、

ひでおの弁当をつくりひでおを送り出し、

なみとなおを起こし送り出して、

家事をして、

食料の買い物に行き、

犬の散歩もして、

学校のボランティアもやり、

学校の子供達を迎えに行き、

習い事に送迎し、

宿題をみて、

プロジェクトを手伝い、

補習校の宿題もやらせ、

 

と何も変わりのない通常業務。

 

でも具合悪い真っ最中の時って、愚痴る気力もなくひたすら残った体力で通常業務をこなしていたので、こうやって今振り返って愚痴れるほど、弱音を吐けるほど回復したのはいいことなのでしょう。

 

 

僕はいつもぐっすりだよー。

 

 

ペタしてね読者登録してね

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

  

63日前

弟しかいない私にとって、娘二人との暮らしは未知の世界で(^^;)、自分の子供の頃の行動や考えを思い出したりします。そして自分の経験を通じ、今自身が娘を育てていることと参考にしています。(時代は違いますがチュー

 

私は子供の頃本を読むことや勉強が好きでした。鉛筆勉強すればするほど、母は褒めてくれたのですが、あまり嬉しそうではありません。

 

「女の子なんだから、そんなに勉強しなくてもいいんだよ」ハートブレイク

 

とよく言われていました。勉強すればするほど成績があがればあがるほど、するなと言われる矛盾。滝汗そしておしゃれや服に全く興味のない私を母は憂い、いつもかわいい服を薦めてくれたり着せようとしていました。当時小さいながらも、好きな勉強を頑張ってもお母さんはあまり嬉しそうじゃない。でも私の嫌いなフリフリの服を着せようとする時はすごく嬉しそう、と違和感を感じていました。??

 

母は姉妹で育ち、従姉妹も女ばかり、親族もおばばかりと言う女系家族で、女性はほぼ全員見合いで結婚していました。母も私のおば達も気立てがよくて働き者で、家事は得意で夫を立てるのも上手と言うザ・良妻賢母のような女性達ばかりだし、娘はそう育つ方が幸せだと思われていました。田舎と言う土地柄もあるでしょうね。

 

当然私もそう言う人生を期待され、私が勉強好き、将来は大学に行って高みを目指したいと、それに外れた道を歩み始めると、母は私を「女の幸せな人生」に軌道修正すべく、大学に行かなくてもいいと説得もしました。そしてますます女の幸せは結婚して子供を授かり家庭を持つことと強調していました。

 

結果...

 

私は窮屈な田舎が嫌で、県外の四年制の美大に進学しました。美大では将来グラフィックデザイナーになるべく頑張りました。元々母が嫁にいけるかどうか心配したくらい可愛げのない娘だったので、大学時代も男にうつつを抜かすことなく(笑)、夢や目標を持ち、前からの憧れだった語学留学もすることができました。

 

そして月日は過ぎ、仕事も色々経験し、結婚もして今に至るのですが、

 

現在子持ち専業主婦

 

結婚が女の幸せとは今でも全く思っていませんが、なーんだ、結局母の言ったことになってるじゃん!

 

...と時々思います(笑)

 

夢や希望に溢れていたアーティストの卵だった私。色々なことを勉強経験し、技術を身に付け、すごい仕事ができると信じていたあの頃。それに恋愛や結婚は全く含まれていなくて、自分で目標を達成し、成功して有名になりたいと思っていました。(実際私の夢をそのまま達成している大学時代の同級生多数)

 

結局一番なりたくなかった、興味もなかった子持ち専業主婦になってしまいましたが(それはそれでよしと思える今)、娘達には色々伝えたいです。

 

女の子でも夢を持っていいし、

恋愛しても結婚しても夢は叶えることができるし、

女の幸せはこうだと決まっていなくて人それぞれだし、

親の言うことが押し付けがましくて違和感を感じたら反対したっていいんだし、

夢や目標があれば、私は全力でサポートし応援するし、

勉強はすればするだけ自分の財産になるから、好きなだけすればいいし、

女の子だってやりたい事はなんでもできる!おねがい

 

母の「女の幸せ」価値観を押し付けられて、反発から真逆の人生を歩んでしまった私でしたが、もし何も言われなくて「好きにしていいよ」だったらどんな人生を歩んでいたのでしょうか?キョロキョロ私の友人でお金持ちの一人娘がいて、四年制大学に行き将来は家業を継いで経営者になることを期待されていた子は、幸せな結婚をしたかったので、高卒で就職し20代前半で結婚してしまいました。勉強も嫌いでした。

 

娘達には「女はこうあるべき」とは全然言っていません。機会があれば上記のように「女の子はなんでもできる」と言っています。学業の道に進んでもいいし、大恋愛をして早くに結婚しても彼女達の人生だから私は見守るだけです。もちろん悩んだ時は導いてあげたいです。

 

 

姉妹でオリンピック選手はどう?(^^)

 

 

ペタしてね読者登録してね

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

  

ロサンゼルスで子どもと遊ぼう!

作者:網崎桃実

ロサンゼルスで子どもと遊ぼう!

ロサンゼルスであまりお金をかけずに子供と一緒に楽しめる場所を集めたブログです。私が実際に子連れででかけた場所の感想が中心です。公園情報がたくさんあるのでロサンゼルスに来て間もないママや新米ママのお役に立てれば嬉しいです。

7日 512 総合 1596 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



網崎桃実さん新着記事



過去記事

網崎桃実さんへの新着コメント




ロサンゼルスブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ロサンゼルス、オレンジカウンティの不動産のことなら尾山 証仁 リアルター(Shyoji Sonny Oyama)
2位 MischaのCaliforniaな毎日~ロサンゼルス留学ブログ
3位 どこでもグルメ日記
4位 LA ぽぴぃ 美容・健康ブログ
5位 特売USA
6位 ステラのLA日記
7位 noriの気まま「日本トレンド」話
8位 そらまめずの絵本の本棚


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ロサンゼルスでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録